2013年03月26日

しまう時に見えるカード

毎日、明日の指針のカードを引いていて、思ったこと。

カードしまう時に、一番下になっているカードが見えるのね。

そのカードにも意味がある気がして。

たとえば3/25の指針の
「開示」
新しいことが始まる、そんな予感を感じさせるカードなんだけど。
表面上はほとんどそんな感じを受けなかった。
むしろ、その奥にあるものの「変化」に気づいた、というか。

しかも、このカードの美しさのようなことはなく、どちらかというと耐え忍ぶ、そんな気さえした。

その日の一番下になっていたカードが「天使の誕生」。

このカードが出たときって、どっちかっていうと、耐え忍ぶ、そんな感じ。
天使は見ていてくれてるのだろうけど…

まさにそんな感じだった。


やっぱり、その日・そのとき、目にするカードって、何かしら引き寄せているカードなんだろうね。
posted by spica coco at 07:00| 長野 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。